2010年03月17日

北野武さん 初の展覧会、パリで(毎日新聞)

 【パリ永田晶子】パリのカルティエ現代美術財団で9日、映画監督でタレントの北野武さんの展覧会の内覧会が行われた。北野さんが描いた絵画約50点のほか、オブジェなども展示している。会期は11日から9月12日まで(月曜休館)。

 北野さんの展覧会は日本、海外を通じて初めて。優れた現代アートの紹介で知られる同財団が要請、5年がかりで実現した。記者会見で北野さんは「絵はペンキ職人だったおやじの影響を一番受けた。自分が楽しいと思うことを作品にしたので、みんなに共有してもらえれば」と話した。

 展覧会のタイトルは「絵描き小僧」。会場には原色を使った素朴でユーモラスな絵画や、顔が花で体が動物の不思議なオブジェ、巨大な恐竜の置物などが並ぶ。「ビートたけし」名義で出演したテレビ番組を放映するコーナーもあり、海外では知られていないコメディアンとしての活動にも焦点を当てた内容になっている。

 パリのポンピドー芸術文化センターでは11日から約3カ月間、過去の監督作品を上映し、複数の雑誌が特集を掲載するなど同国では北野さんへの注目が高まっている。

【関連ニュース】
北野武監督:フランスが芸術文化勲章授与 上映会も開催
ビートたけし:「泣きそうになった」長嶋茂雄氏と8年ぶり再会 東京スポーツ映画大賞
石川遼:初の冠レギュラー番組 たけし、所とゴルフ腕自慢も テレビ東京
北野武:「十何年ぶり」北村総一朗も“極悪11人” 7年ぶりバイオレンス「アウトレイジ」完成
ビートたけし:亀井対竹中の“郵政ガチバトル”を実現 香山・勝間対決も TBS新春特番

なぜ突然…大阪城公園で地面陥没、2m大の穴(産経新聞)
シャボン玉アート 入院患者楽しませる 大阪市立大病院で(毎日新聞)
対テロ戦“4正面作戦”と日本の役割(産経新聞)
2人確認、身元不明は3人に=グループホーム火災−北海道警(時事通信)
「死ぬかもと思ってた」奈良5歳児虐待死の母親(読売新聞)
posted by セリザワ ヨシサブロウ at 16:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。