2010年04月19日

<村本博之さん>18日に葬儀 東京・南青山(毎日新聞)

 タイで軍とタクシン元首相派組織「反独裁民主戦線」との衝突の際、銃弾を受けて死亡したロイター通信日本支局のテレビカメラマン、村本博之さん(43)の葬儀が18日午前10時半、東京都港区南青山の青山葬儀所で行われる。喪主は妻恵美子(えみこ)さん。

現場の混乱招いた? 新型インフル対策の「広報」で議論(医療介護CBニュース)
小沢流「引き締めの儀式」 両親偲ぶ会に2500人(産経新聞)
修復終え黒漆塗りも鮮やか 銀閣寺お披露目(産経新聞)
ODA座長人事に「遺憾」=受注側が評価兼ねる−外務副大臣(時事通信)
<長崎警官重軽傷>容疑者を特定、殺人未遂容疑で指名手配(毎日新聞)
posted by セリザワ ヨシサブロウ at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

みやびな舞と宮中の桜を堪能 京都御所、春の一般公開始まる(産経新聞)

 京都御所(京都市上京区)の春の一般公開が7日、始まった。今季は「宮中の舞」を主なテーマに3種類の人形を使って日本古来の踊りを表現。訪れた人たちは皇族や宮廷の歴史に思いをはせながら散策を楽しんだ。

【フォト】みやびな舞と宮中の桜を堪能 京都御所、春の一般公開始まる

 一般公開では、神武天皇の武運を祈って踊った「久米舞」や祭事で神に奉納する舞「和(やまと)舞」、「五節舞」を人の丈ほどの人形で表現。きらびやかな衣装に身を包み、勇ましく太刀を振りかざした人形が古来の雅楽を再現している。

 10、11の両日には雅楽の演奏や蹴鞠が行われるほか、紫宸殿(ししんでん)の「左近の桜」も見ごろを迎えている。

 公開は11日まで。

【関連記事】
モモの花 京都御苑 可憐なたたずまいに春の訪れを見た
「桜の通り抜け」4月14〜20日に開催
桜 醍醐味 秀吉やサルトルもめでた美、いま盛り
大阪、神戸で桜満開 花見日和は6日まで
関西プレスクラブが例会 京都吉兆社長が講演 大阪
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<遭難>2人目の死亡確認 中央アルプス・宝剣岳(毎日新聞)
白寿祝う名車の列 日本橋まつり(産経新聞)
オープン当日辞表の盆栽美術館長、辞意撤回(読売新聞)
鳩山邦夫氏の新党参加で与謝野、平沼両氏の間に温度差(スポーツ報知)
由美かおるさん「黄門」降板(時事通信)
posted by セリザワ ヨシサブロウ at 00:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。